渡辺美奈代の旦那・矢島昌樹の職業、仕事は?顔画像は?手術をうけた?

女性アイドル

元おニャン子クラブのアイドルである渡辺美奈代さんの旦那・矢島昌樹さんはどんな仕事をしているのでしょうか?また、手術をうけたとの噂もあったので調べました!

渡辺美奈代の旦那・矢島昌樹のどんな人?年齢は?顔画像はある?

渡辺美奈代さんは、198511月にTV『夕やけニャンニャン』のおニャン子クラブオーディションコーナーで「アイドルを探せ!!」と、『三宅裕司のヤングパラダイス』の連動特別企画の「ヤンパラ・イメージガール・オーディション」に渡辺美奈代さんは出場されて見事オーディションに合格を果たし、おニャン子クラブのメンバーの一員となりました。

そして、渡辺美奈代さんは秋元康さんからは「一点の汚れもなく、正統派のアイドルだ」「渡辺美奈代は一番危なっかしくて、放って置けないないタイプだ」と言われていました。そんな渡辺美奈代さんは、1996年に矢島昌樹さん(やじままさき)と結婚されました!

渡辺美奈代さんの現在の旦那さんである、矢島昌樹さんは、1962124日生まれで現在57歳になられている方です。渡辺美奈代さんは、1969928日生まれで現在50歳となるので、矢島昌樹さんとは7歳差になります。画像を見てみるとワイルドな感じなのがわかりますね!

そして気になる渡辺美奈代さんと矢島昌樹さんの出会いは、矢島昌樹さんが実業家になられる前に、芸能界で歌手活動をされていたことがきっかけだそうです。矢島昌樹さんは、ロカビリーバンド「HOT SOX(ホットソックス)」に所属されていたことがあり、あの有名な郷ひろみさんの付き人をされていました。

当時の渡辺美奈代さんは、郷ひろみさんと同じ事務所で活動されて知り合ったそうで、7年間の交際ををした後にめでたくゴールインをされました。渡辺美奈代さんは当時27歳で矢島昌樹さんは当時34歳で結婚されていますね!

そして、矢島昌樹さんは渡辺美奈代さんを全面的にサポートされていて、妻思いが伺えますが、実は矢島昌樹さんは浮気癖があるそうです。矢島昌樹さんは昔、夜の商売をされていたこともあるので、女性と接点が多くあったため、浮気をしていたそうです。当時まだ子供が小さい頃、浮気をしていた事実がありました。

その際に、浮気相手の女性からは、渡辺美奈代さんは嫌がらせの電話がきていたそうで、渡辺美奈代さんは精神的に参った時期もあったそうです。そして、渡辺美奈代さんは家族を守るために、矢島昌樹さんと話し合い、浮気相手の女性とはしっかり話をつけて別れるように強く言ったそうですね。

矢島昌樹さんは、浮気相手の女性とはしっかり別れたそうで、渡辺美奈代さんは根気強く矢島昌樹さんの女性問題に対処されていたそうで、現在は浮気がないと言いたいところですが、矢島昌樹さんの女性問題は未だに浮気癖は続いてるそうです。

しかし、矢島昌樹さんの浮気が発覚するたびに、渡辺美奈代はんはブランド物のバッグやアクセサリーやコートなどを買ってもらって気を紛らわているそうです。そして、前に渡辺美奈代さんはTVに出演された際に、矢島昌樹さんの浮気の様子を暴露されていたこともあるので、妻公認の浮気なのかもしれませんね!

矢島昌樹さんも現在57歳を迎えていますので、もう少し落ち着いて渡辺美奈代さんを安心させてほしいと思いました!

 

渡辺美奈代の旦那・矢島昌樹の職業、仕事は?実家は岐阜?

矢島昌樹さんは、郷ひろみの付き人を前にされていたことがあり、ロカビリーバンド「ホットソックス」のメインボーカルを務めておりました。しかし、残念ながら「ホットソックス」あまり売れることなく、バンドは解散となってしまいました。

矢島昌樹さんの芸能界活動において、輝かしいもではなく、そのため渡辺美奈代さんと結婚されたことにより、周りからは格差婚とも言われることあったそうです。そして、矢島昌樹さんは渡辺美奈代さんと結婚された後の職業は、実業家として活動をされております。

実業家をされている、矢島昌樹さんは一体なにをされているのでしょう?気になり調べてみました!すると、六本木に出店されたカラオケ店の「六本木どうする」やレストランでは「月の光」を経営されていたことがわかりました!しかし、残念ながら「六本木どうする」と「月の光」は現在は閉店されていることがわかりました。

では、現在の矢島昌樹さんは何をされているのかと言うと、渡辺美奈代さんがプロデュースされている、セミオーダーチェア専門店のKaguya-Hime374 白金台」を運営している有限会社ワイジェイエムの、社長をされている事がわかりました!

渡辺美奈代さんがプロデュースされていることから、可愛い商品が沢山あります。矢島昌樹さんは前回失敗されていましたが、現在は社長となって頑張っているようですね!そして、矢島昌樹さんの出身地は岐阜県です。

矢島昌樹さんの実家は家具屋を経営されており、創業はなんと昭和7年から始められており岐阜県内では、有名な家具とされています。現在は、岐阜県瑞穂市に拠点を移しておられ、家具・インテリア総合卸商社としてインターネット通販で主に手掛けているそうです。

代表取締役社長は、矢島昌樹さんの兄である矢島尚武さんが陣頭指揮をしています。そして、渡辺美奈代さんも矢島昌樹さんと結婚されてからは、ネイルを独学で学びネイルサロンを1997年に岐阜市内でサロン『Minayo Watanabe』を経営されていることがわかりました。

 

渡辺美奈代の旦那・矢島昌樹は最近入院して手術を受けた?

渡辺美奈代さんは、20171218日に自身のブログで、旦那さんの矢島昌樹さんが複雑痔瘻であることを報告しています。痔と聞いた渡辺美奈代さんは、それほど重い病気ではないと思ったそうです。

しかし、矢島昌樹さんが診察を受け複雑痔瘻の症状はかなり重いことがわかったそうです。そこで複雑痔瘻とは、直腸と肛門の接合部にある境界線(歯状線)に傷がついてしまい、細菌がそこから侵入してしまうと肛門腺に膿が溜っていきます。

そして最終的に、直腸と皮膚がつながるトンネルができてしまう病気のことです。矢島昌樹さんの症状は、トンネルが複数できてしまって、痔瘻の中でも重い症状となっています。

放置してしまうと、稀に癌化されてしまい、最悪の場合には、人工肛門を装着しないといけない場合もあり、とても危険な病気なのがわかります。最初は、痔ということで軽い気持ちでいたそうで、10年以上病院に通わず放置されていたそうです。

しかし、矢島昌樹さんは痛みや発熱に耐え切れなくなってしまい、病院に行ったところ、MRI検査と主治医の診察の結果で、手術をすることが決まりました。そこで、矢島昌樹さんは術前検査と術後の経過措置のために、一週間の入院をしています。

痔というのは、非常にデリケートなので、ついつい放置してしまいがちな病気なのですが、矢島昌樹さんは自分と同じ状況の方を1人でも少なくしたいと思い、早めの通院をお勧めし公表に踏み切ったそうです。

矢島昌樹さんと同じく痔瘻になった方は、発熱はなかったそうですが、激痛に悩まされる日々を送ったそうです。その際には、日常生活もままならない状態なほど激痛との闘いで、病院へ行くのが恥ずかしく遅かったため、痛みに悩まされる日々が続いたそうです。

少しでも肛門付近に違和感や痛みを感じた場合は、軽い痛みであっても、早いうちに病院に行き早期発見してもらう事が大切なのがわかりましたね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました