椎名桔平の若い頃のドラマ、映画出演作品別イケメン画像まとめ!下積み時代やデビュー作等!

俳優

2019年10月スタートのドラマ『同期のサクラ』に出演する椎名桔平さん

今や名俳優で主演も務めていたり日本のドラマ、映画界には欠かせない人物ですが昔は苦労したようで名前もないような1カット2カット程度のチョイ役をやっていたりします。そんなチョイ役で出演してるところを見つける人も凄いですよねw

そんな若い頃の椎名桔平さんをまとめました是非ご覧ください。

椎名桔平のプロフィール

本名:岩城 正剛(いわき まさよし)
生年月日:1964年(昭和39年)7月14日(2019年9月時点で55歳)
出生地:三重県伊賀市
身長:180 cm
血液型:B型
配偶者:山本未來(2003年 ‐ )

椎名桔平さんは岩城まさよしと言います。デビューしたてのころはこの本名名義で活動していることもありました。

椎名桔平の若い頃の出演ドラマまとめ

椎名桔平さんの昔の出演ドラマをまとめました!

1988年ドラマ『もっとあぶない刑事』に出演

1986年10月から放送されたテレビドラマ『あぶない刑事』は映画化もされています。

日本のドラマや映画が好きな人なら知らない人はいないですよね。舘ひろしさん演じるタカと柴田恭兵さんが演じるユージが派手なアクション、銃撃シーンが満載の刑事ドラマです。

椎名桔平さんは本名の岩城正剛名義で銀行強盗役で出演しています。名前もないようなちょい役で今では考えられないですね!

1994年NHK朝ドラ『春よ、来い』に出演

1994年10月から1995年9月末まで放送されたNHK連続テレビ小説『春よ来い』。松任谷由実さんが歌っている主題歌が妙に印象にのこっています。

脚本家である橋田寿賀子さんの自伝小説をドラマ化したもので大学に進学するために大阪から東京へ引っ越してきてから結婚、旦那さんの死までの半生を描いた作品です。椎名桔平さんは主人公の父の仕事の部下役を演じています。

1995年ドラマ『いつかまた逢える』に出演

1995年7月から9月までフジテレビで放送されていたドラマです。フジテレビで放送された東京ラブストーリーに似てるとも話題になっていたラブストーリーです。

上の写真に写っている福山雅治さんは『いつかまた会える』が連続ドラマ初主演だそう。椎名桔平さんは海外を飛び回るエリート社員・荒木 勝利役を演じています。

1995年ドラマ『BLACK OUT』に出演

1995年10月からテレビ朝日で放送されたドラマです。内容は近未来のテクノロジーを使用した事件を刑事が追うSF犯罪ドラマで和製Xファイルと呼ばれることもあったそうです。

椎名桔平さんは主人公で特別捜査チームの一人、華屋崇一(かや そういち)を演じています。

1996年ドラマ『土曜ドラマ カンパニー〜会社〜』に出演

『カンパニー』は1996年にNHKで放送されたドラマです。カーナビの開発をする会社で株式公開を目標にしている3人の若い人達を描いたドラマです。椎名桔平さんは主演でカーナビの開発会社の2代目社長。1代目の父が突然亡くなり先輩などに声をかけ奮闘していく社長を演じています。

声を掛けられた先輩役を生瀬勝久さんが演じています。他にも森口瑤子さん酒井敏也さん萬屋錦之介さんなどが出演しています。

1996年ドラマ『Age,35 恋しくて』に出演

『Age,35 恋しくて』1996年フジテレビで放送されたドラマでビックコミックで連載されていた漫画家柴門ふみさんの作品が原作です。椎名桔平さんはこのドラマを切っ掛けに徐々に名前を世間に売っていきました。

中井貴一さん演じる島田英志は子供二人もいる幸せな家庭なのに瀬戸朝香演じる同じ会社の秘書課のミサと不倫している。そんな二足の草鞋は許されずミサが妊娠してしまう事態になってしまう。という感じのストーリーです。

椎名桔平さんは島田英志の妻・朱美の元カレで不倫相手でもある成瀬シン役を演じています。

1996年ドラマ『ドク』に出演

ドラマ『ドク』は1996年10月から12月までフジテレビで放送されていたラブストーリーで椎名桔平さんは雨宮学役で出演していました。

他にも安田成美さん、香取慎吾さん、菅野美穂さんなどが出演しています。

1998年ドラマ『お熱いのがお好き?』に出演

ドラマ『お熱いのがお好き?』は1998年7月から9月まで日本テレビで放送されていたどらまです。東京原宿にある国の重要文化財に指定された銭湯を切り盛りする一家、野々山家を中心に繰り広げられるドタバタホームコメディ。

椎名桔平さんは会社が倒産してしまった元営業マンで野々山家長男の野々山圭一郎を演じています。

椎名桔平の若い頃の出演映画まとめ

椎名桔平さんの昔の出演映画をまとめてみました!

1986年映画『時計 Adieu l’Hiver』に出演

『時計 Adieu l’Hiver(アデューリベール)』は1986年に倉本聰さんが初監督した映画作品です。アイスホッケーとフィギュアスケートの日本代表選手の両親のもとでフィギュアスケートを頑張る女の子を9歳から5年、14歳までを描いたドラマです。

椎名桔平さんはこの映画では本名 岩城正剛で出演しています。かなりチョイ役だったのでしょうが画像では陣内孝則さんに声をかけられていますね!

1986年映画『そろばんずく』に出演

『そろばんずく』1986年8月に公開された広告代理店を舞台にしたコメディ映画です。とんねるずとおニャン子クラブという当時どちらも10代に人気のあったキャストを配置したがあまり評判にはならなかったようです。

画像左にいる男性が木梨憲武さん、真ん中にいるのが石橋貴明さんその横にいる大きな口を開けている男性が椎名桔平さんだそうです。

1994年映画『夜がまた来る』に出演

1994年10月に公開された映画で反社会組織に潜入した麻薬Gメンの夫が殺され、未亡人になってしまった妻が命がけで復讐しようとするストーリーです。

主演で未亡人の役を夏川結衣さんが演じています。椎名桔平さんはヤクザの若手構成員のリーダー的役割・柴田一哉を演じています。

1995年映画『GONIN』に出演

『GONIN』は1995年に公開されたアクション映画です。アウトローな5人が暴力団組織から大金を強盗するストーリーで過激なシーンも多いようです。もともとはR-15指定の映画だったようですね。

椎名桔平さんは元ボクサーでパンチドランカーのジミー(山路美治)役を演じています。金髪はめずらしくかっこいいですね!

1998年映画『SADA〜戯作・阿部定の生涯』に出演

一度は聞いたことあるのではないでしょうか?1936年に起こった「阿部定事件」。駆け落ちした愛する男性を愛しすぎるがゆえ殺してしまった事件です。

この映画『SADA〜戯作・阿部定の生涯』は「阿部定事件」を元に作られた作品です。阿部定役に黒木瞳さん、椎名桔平さんは医学生でハンセン病を患う岡田征役を演じています。

1998年映画『ジューンブライド 6月19日の花嫁』に出演

1998年に公開された映画で乃南アサさんによる小説が原作です。6月19日に結婚予定だった女性が直前で事故にあい記憶喪失になってしまう。記憶を少しずつとりもどしていくがおかしなことに困惑するラブサスペンス。

主演で花嫁役は富田靖子さん、椎名桔平さんは前田一行役を演じています。

1999年映画『なで肩の狐』に出演

1999年に公開された映画で椎名桔平が演じる「狐」がさらわれた女を助けに行くお話し。椎名さんのかっこよさが際立つ1作になっています!

他にも哀川翔さんや三石研さんなどが出演しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました