小沢真珠の若い頃の画像まとめ!デビューから代表作「作牡丹と薔薇」まで!

女優

美しすぎる女優として人気の小沢真珠さんの若い頃画像まとめデビューから代表作「牡丹と薔薇」など画像付きで紹介していきます!

小沢真珠の若い頃まとめ!透き通るような美しさ

 小沢真珠さんと言えば、鼻が高く透き通るような美しさで有名な女優さんですね!

そんな美しい小沢真珠さんは、デビューされる前から綺麗さは変わっていませんでした!その頃の画像を、見たファンの間では「美少女すぎる!今でも美人!」や「綺麗な顔は昔から完成されている」などと、高評価の小沢真珠さんです。

若い頃から、綺麗で美人でい続けているのはすごいですね!現在、小沢真珠さんは42歳となられており、20141月には8歳年下の歯科医師と結婚もされました。同年の8月には、第1子の女児を出産されて、201610月には第2子も出産されています。

2児の母親となった小沢真珠さんは、母親としも綺麗さを保たれている小沢真珠さんの、若い頃を振りかえりたいと思います!

 

小沢真珠の芸能界入りのきっかけはスカウト

 人気女優である小沢真珠さんは、4月に自身でやっているいインスタグラムで、高校生の修学旅行で撮影された写真を披露されました。小沢真珠さんの、インスタグラムで載せた画像は「デビュー当時の写真」として、小沢真珠さが高校2年生の頃に東京の渋谷でスカウトされ、芸能界デビューすることとなりました。

貴重な当時のプライベートショットが、ファンからは絶賛され程のコメントが書き込まれています。「同級生にいたら絶対恋する可愛さ」や「これは学園のマドンナ間違いない」や「スカウトされるに決まっている美しい」などの声がありました!

しかし、小沢真珠さんは高校時代の頃は、1時間かけて電車で通学をして、遊び過ぎていたそうです。夜中に家の窓から抜け出して、毎晩のように渋谷のクラブで朝まで遊んでそのまま登校を繰り返していたそうです。

駅のコインロッカーには、制服を預けてトイレで着替えていたそうで、当時の小沢真珠さんは不良だったのに驚きですね!

そのため、親からはスカウトされたきっかけで、今の生活を辞めさせるために芸能界を押したそうです。親も、当時の小沢真珠さんを心配していたのでしょう。

 

1993年 ドラマデビュー『神様の罪滅ぼし』

1993年にドラマデビューを果たし主役デビューをされた作品「神様の罪滅ぼし」で、小沢真珠さんは金子里絵役で出演されました!

現在では、実力派女優となった小沢真珠さんですが、当時16歳の小沢真珠さんはベテラン俳優の蟹江敬三さんと共演を果たし、見どころの一つともなっています。

中年サラリーマンが、家のローンに追われるが、妖精のような美少女に導かれ、恋人と再会をする。ロマンチックな気分になること間違いなしの作品で、小沢真珠さんのデビュー作となった演技にも注目の作品ですね!

 

1994年『アリよさらば』で榊原愛役を演じる

 1994年に放送されたTVドラマ「アリよさらば」は、矢沢永吉さんが主演を務め、秋元康さんの企画で話題になったドラマですね!また、このドラマに出演された生徒役の中から数多くのスターが生まれ話題ともなっていました。

 「アリよさらば」に、小沢真珠さんも出演されていたのです。そして、生徒役でスターとなった芸能人は小島聖さん、西野妙子さん(dos)、吉田亜紀さん(Qlair)、春原由紀さん(桜っ子クラブ)堀江奈々さん、男性は井ノ原快彦さん、長瀬智也さん、松岡昌宏さん、加藤晴彦さん、村上淳さん、岡田義徳さん、中村竜さんと、今ではスターばかりの方が勢ぞろいしています!

この中に、小沢真珠さんも出演され現在は、人気女優まで上り詰めましたね!

 

1995年 『ろくでなしBLUES』で映画デビュー

1996年に公開された映画化「ろくでなしBLUES」は、90年代の皆さんがご存知の「週刊少年ジャンプ」で黄金期を支えた、コミック累計6000万部突破された、森田まさのりさんの名作マンガですね!

少年が、吉祥寺の帝拳高校に通いプロボクサー志望の前田太尊と、仲間たちを描いた青春不良漫画で有名になりました!90年代の男子中高生だった方は、知らない人がいないと言ってもいいほどの人気があります。

そんな超有名漫画の「ろくでなしBLUES」が映画化され、ヒロインの七瀬知秋役には、当時19歳だった小沢真珠さんが演じています!見た方はわかると思いますが、とても可愛いくて話題となり、完成を待ち望んだ方は多くいたのではないでしょう!

 

1997 NHK連続テレビ小説『甘辛しゃん』に出演

小沢真珠さんは、NHK連続テレビ小説『甘辛しゃん』に小野寺環役(一世の妹、榊の技師)で出演されていました。

一世の妹で、榊酒蔵の女職人で泉の良きパートナーとして、兄の辞任後も榊酒蔵を支え続けている役柄を、小沢真珠さんは見事演じています。

 

1999年 大河ドラマ『元禄繚乱』玉路役

 1999年に放送されていた「NHK大河ドラマ」の、忠臣蔵を題材にされた作品「元禄繚乱」に遊女役でスポット出演を果たした小沢真珠さん。

伏見撞木町、遊郭笹屋の遊女の玉路役で、京言葉と白塗りがなんとも可愛いです!若い頃の小沢真珠さんも、どんな役をされても華がありますね!

 

2004年 『牡丹と薔薇』でドSキャラが大人気に!

 「牡丹と薔薇」(ぼたんとばら)は、20041月~3月まで放送されていた、昼のTVドラマで全60回放送されています。

小沢真珠さんは安谷屋なぎさ役ぼたん(真世)の妹を演じました。

野島家次女で、真世の誘拐事件から1年後に産まれた娘で、なぎさが中学生の頃まだじつの姉妹とは知らないでぼたんと出逢います。

しかし、父親である豊樹の不倫が原因となってぼたんから一方的に絶交が言い渡される事でなぎさは恨みを抱いていくのですそして、成人後に再会をすることになりぼたんが家政婦として目の前に現れ、執拗ないじめを繰り返していくこととなりました。

しかし、生き別れた姉だと分かりのちに和解をし、自身の姉としてぼたんが野島家で暮らし始めて約1年が経った時に、中学時代から片思いを寄せていた由岐雄がぼたんと恋に落ちたことにより、身を引こうとしましたが、彼女の結納当日に、仲間がぼたんを輪姦させる暴挙に出てしまい、この件に激怒したぼたんの義父の友重から怒鳴り込まれ、殺害されそうになりました。

両親の死後は、説得されてぼたんと由岐雄は結婚しましたが、二人が不倫関係になった事から、再び凄まじい戦いとなりそれがきっかけで、目を負傷してしまい失明してしまいます。ドロドロとした、内容で昼ドラを盛り上げてくれた「牡丹と薔薇」ですが、1番の見所はなんといっても小沢真珠さんのSキャラの過激なセリフです!

放送されていた当時は、とてもそのSキャラの暴言が話題になり注目されましたね!

「役立たずのブタ!」や「パパ嫌、パパイヤよ」など、数々の名ゼリフを生みだされ「牡丹と薔薇」に主婦の方が特に夢中になった方は多いのではないでしょうか!

見事Sキャラの強烈な役を演じた小沢真珠さんは、当時27歳で女優魂を見せとても人気があがりましたね!

 

ロンドンハーツにも不定期で出演していた

 人気バラエティ番組「ロンドンハーツ」に、小沢真珠さんは、度々出演をされていました。

 小沢真珠さんは、話題に出されたのを「ロンドンハーツ」にでている女性で、格付けし合う企画によく出演されている印象がありますね!

しかし、最近の「ロンドンハーツ」に小沢真珠さんが出なくなっています。

その事から、ネット上では「格付けのメンバーともめた?」「格付けメンバーやめたの?」と言う声がありました。小沢真珠さんは、本業は女優なので話題性で数回出たのかもしれませんね!

また、小沢真珠さんは現在2児の母親もしている事から、仕事をセーブしている可能性はあると思います。

なので、格付けメンバーともめたわけではなく、小沢真珠さんは「ロンドンハーツ」に不定期に出演されていたのではないでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました