松方弘樹のマグロ釣りの記録が凄い?価値は2億?三島沖で?帽子が可愛い?

俳優

松方弘樹さんはマグロに熱き思いをかけて自身最高記録を更新しました!価値にして2億との情報もあり、マグロ釣りの際の帽子が話題?など気になる情報を調べてみました!

松方弘樹のマグロ記録が凄い?価値にして2億にもなる?

松方弘樹さんは、俳優や映画監督や映画プロデューサーとして活動されておりました。しかし、松方弘樹さんの注目はそれだけではなく、なんとマグロを釣ったりされる方でネット上でも注目されておりました。

まず、松方弘樹さんは、2008年には351キロのマグロを釣り、2009年では325キロのマグロを釣り上げ話題となっておられましたが、今回はそれを上回る自己最高記録となる、361キロの巨大なマグロを釣り上げ話題になられました。

そして、2009年に釣ったマグロは437万で売られていたため、マスコミからは落札値段にも注目を浴びることになりました。そこで、500万はこえるのでは?と騒がられておりましたが、事務所によるところ「松方弘はこれまで釣りにかけてきたお金は、億を超えるくらいだと思います。

マグロを釣って売れたお金は漁師さんと折半になりますので、採算を考えたら全然割に合わないと思います。」と言われておりましたが、松方弘さんの目的はもちろんお金のためにされてるわけではありません。

そして、松方弘さんが釣ったマグロは内臓とえらを取り除いた重さは308キロで、この日一番の超大物となり、競りには松方弘さんのマグロ目当てで来られた数社が参加されたそうです。

そして、今回361キロのマグロを落札された方は、築地の寿司チェーン店「すしざんまい」の木村清社長さんが見事落札されました。落札お値段は184万円で落札されたことにネット上などでは話題になられました。

そこで、今回落札された「すしざんまい」はこれまでに、新春の初セリで青森の大間漁港で水揚げされるマグロをいくらで落札されるか、常に人々の関心を集めておられました。松方弘樹さんは、2009年に釣り上げたマグロは、325キロで437万円の値がついたことから、今回「すしざんまい」が184万円で落札された際には「意外と安い値段で落札」と、ネット上での声がありました。

そして、松方弘樹さんのマグロは30日に「すしざんまい」の本店で解体をされ提供を開始されました。提供された「すしざんまい」の店舗は、本店と別館店、本陣店、奥の院店、廻る築地店、廻る築地2号店、有楽町店のお店で提供されることになりました。

そこで、松方弘樹さんはマグロで2億円稼ぐ目標をもっております。しかし、松方弘樹さんはお金のためとかではなく、ロマンを求めながらマグロ釣りに情熱を燃やしているそうなので、2億円と言うのはただの数字でしかないのかもしれません。

そして、松方弘樹さんは、リールにもこだわりがあるそうで、リールなどにもとてもお金をつぎ込んでいらっしゃるので、とても松方弘樹さんから熱い熱意が感じられますね。

 

松方弘樹のマグロ釣りは趣味なの?三島沖がスポット?

俳優の松方弘樹さんが2017年1月21日に脳リンパ腫のため死去されました。松方弘樹さんは74歳でした。そして、松方弘樹さんは1960年に東映入りされ、同年「十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ」でいきなりの主演デビューをされた松方弘樹さんは、昭和の大スターとして遊びも酒も豪快で芸能界の中でも知られている話だそうです。

そして、松方弘樹さん自身は年に何度か山口県萩市の見島沖の八里ヶ瀬と呼ばれる海域周辺に足を運び、松方弘樹さんの趣味とされているマグロの一本釣りを楽しんでおり、見島のある旅館には松方弘樹と名前が書かれた釣り道具が常置されています。

そして、松方弘樹さんはマグロ釣り大会の実行委員を務めるほどの釣り好きで、2008年の11月23日に行われた大会では約305kgのクロマグロを釣り上げ、松方弘樹さんのマグロは195万円の値がつきました。

2009年の1月22日に行われた第12回萩クロマグロトーナメントに出られ松方弘樹さんは、体長2.73mの体重325kgのクロマグロを釣り上げて前年の記録を更新されました。そして、なんと松方弘樹さんが釣り上げたマグロのお値段は約437万円の値がつき話題を読んでおりました。

そして、2015年の石垣島への釣行で、松方弘樹さんは約6時間半にかけて、自己最高記録361kgのクロマグロを釣り上げさらに話題になり注目されることになりました。松方弘樹さんの趣味としてされている釣りは名人級で、沖縄県の石垣島周辺で自己最高記録を更新させました。

そこで、前回の競りでの落札価格が437万のことから競りにも注目されておりましたが、361㎏のマグロは「すしざんまい」の木村清社長さんが見事落札されました。落札お値段は184万円で落札されたことにネット上などでは話題になられました。

松方弘樹さんの、マグロ釣りのスポットが三島沖と噂がありましたが、見島沖でマグロを釣っていることから、松方弘樹さんは「三島沖ハンター」とも言われていました。なので、松方弘樹さんが三島沖と言う情報は載っておらずわかりませんでした。

そして、松方弘樹さんは400㎏のマグロを釣る夢がありました。松方弘樹さんは「カジキでは428キログラムを釣ったことがある。しかし、クロマグロはパワーが10倍以上は違う。もしカジキの竿を使っていたら折れますからね。ライン(釣り糸)も確実に切られてしまいます。」と、熱い想いを語られていました。

松方弘樹さんは、豪華なボートで釣りに行くより漁師の船を借り上げて釣りに出ることを好んで入られたそうです。そして、漁師たちもそんな松方弘樹さんが大好きで人気があったそうです。そこで、松方弘樹さんはにインタビューされたことがあるジャーナリストの世良康さんが語っていました。

「松方弘樹さんが釣られたマグロは漁師さんと折半となっていますが、松方弘樹さんの釣った魚などにはプレミア価格が付いて売られるため、通常の2倍から4倍の値段で売られております。松方弘樹さんが売り上げたお金は、一緒に行った仲間や港の人たちを呼び、一晩で使い果たして皆さんとお祝いされるそうです。」

そして、松方弘樹さんはマグロ釣りに使う竿とリールのセットだけで数百万円はすると言われていますが、松方弘樹さんはそうしたセットを沖縄や山口、青森など有力な漁場数カ所の漁師さんに常に預けておられ、「魚がきてる」という情報が入り次第にクルマ一つで飛んでいけれるようにされていたそうです。

松方弘樹さんの、マグロに対してのこだわりは「当初の松方弘樹さんは、カジキを狙って釣りをされていましたが、いざカジキを釣り馬乗りになってみましたが両足がついたそうです。しかし、松方弘樹さんが初めてマグロを釣ってまたいでみると、はるかに足が届かないほどでした。そして、松方弘樹さんはその野太さに魅せられマグロにこだわりを持ったのかもしれません。

そして、松方弘樹さんは国内で400キロのマグロを釣ることができたら、次にカナダで600キロに挑みたいと夢を語られていたそうです。しかし、松方弘樹さんは74歳で亡くられてしまいましたが、マグロへの熱き思いと伝説を残されました。

 

松方弘樹のマグロ釣りの時の帽子がおしゃれ?可愛い?

松方弘樹さんは、マグロ釣りでネット上でも話題になられていますが、松方弘樹さんはのマグロの釣る際の帽子にもネット上では話題になられていました。そんな、松方弘樹さんがかぶっていた帽子はフレアーヘアバイザーという帽子を被っておられました。

そして、松方弘樹さんが被っていたため、フレアーヘアバイザーは注目され爆発に売れたそうです。フレアーヘアバイザーをかぶると、髪の毛みたいに出ておりとても暖かそうに見えますね。

そして、松方弘樹さんがかぶるとおしゃれに見え可愛くも見えますね!フレアーヘアバイザーはいろんな色が売られていますので、冬の帽子にもおしゃれとして使うのもいいかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました