北村一輝の若い頃の画像出演作品まとめ!ヤンキー役から歯を9本抜いた映画まで!

俳優

イケメン個性派俳優北村一輝さんの若い頃出演作品まとめヤンキー役から、なんと「歯を9本抜いた映画もあるんです!画像付きで紹介していきます!

北村一輝の生い立ちプロフィール

北村一輝さんの幼少期は、映画が好きで中でも「海の征服者」の海賊映画を見て海賊に憧れを持ったそうです。そして、北村一輝さんが中学校を卒業された後は、幼少期に憧れていた海賊になるため、「国立弓削商船高等専門学校」に進学されます。

当時は、修業年数が5年半必要だったそうですが、北村一輝さんは海賊になれない事に気がつき3年で中退しました。また、もう一つの夢だった俳優の道に進む事を決意して、19歳で上京しました。

TV番組「徹子の部屋」に出演された際には、「役の上では海賊にもなれる!」と、北村一輝さんは語っていましたね!とても考えがポジティブな、北村一輝さんが素敵ですね!しかし、当初は俳優業がなかなか上手くいかずエキストラの仕事をこなしていたそうで、一度廃業してしまいます。

北村一輝さんは、4年間海外で放浪生活をしてから「これじゃダメだ」と気づき、帰国して俳優業再開をします。その後、三池崇史監督や望月六郎監督の作品に出会い、北村一輝さんは注目を集め活躍していきました。

そんな、若い頃は苦労もした北村一輝さんのプロフィールは、

名前:北村 一輝(きたむら かずき)

生年月日:1969717日生まれ

出身:大阪市出身

身長:178cm

体重:68kg

血液型:A

所属事務所:フロム・ファーストプロダクション

また、当初は本名の「北村康」で活動されていましたが、1997年の映画出演をきっかけに三池崇史監督に「北村一輝」と改名されていますね!

 

北村一輝の出演作品まとめ!

1999年に公開された映画「皆月」及び「日本黒社会 LEY LINES」では、「キネマ旬報新人男優賞」と「ニフティ映画大賞助演男優賞」を受賞されています。

また、「皆月」では「ヨコハマ映画祭助演男優賞」も受賞されて、現在も俳優として数々の作品に北村一輝さんは出演されています。

そんな、北村一輝さんの若い頃の作品をまとめてみました!

 

1995年映画『ヤンキー烈風隊』で金髪で出演

1995年にロードショーされた映画「ヤンキー烈風隊」(ヤンキーれっぷうたい)に、北村一輝さんはヤンキー役で出演されています。「ヤンキー烈風隊」は、もとはしまさひでさんによる漫画作品で、実写化されました。

大勢いるヤンキー集団の中で、北村一輝さんの存在感は金髪姿で更に圧倒的ですね!また、北村一輝さんの金髪姿もレアなのでぜひファンには見てもらいたい作品です!

 

1996映画『LUNATIC』に出演

1996年にロードショーされた映画「LUNATIC」に、北村一輝は青年の裕二 役で出演されました。LUNATIC」は成人指定となっており、裕二の役柄は、子供の頃に母親の手で去勢をされてしまい、女性に喜びを与えることができず苦悩してしまう青年の役です。

とても悲惨な役を北村一輝さんは、全編みタンクトップと裸のスタイルで体を張って熱演されています。また、本作では本名の「北村康」で芸能活動をしていた頃となっていますね!

 

1997年映画『無国籍の男 血の収穫』に出演

1997年にロードショーされた映画「無国籍の男 血の収穫」に、北村一輝さんは大学生の役を演じています。

若い頃の北村一輝さんは、爽やかな大学生の役にピッタリで、顔立ちもはっきりとしていてイケメンですね!

 

1997年映画『CLOSING TIME クロージングタイム』に坊主姿で出演

1997年にロードショーされた映画「CLOSING TIME クロージングタイム」に坊主姿で北村一輝さんは出演されました。北村一輝さんの、ファンの間では有名な作品の1つでトーク番組で「ホームレスの役作りのために、多摩川沿いを歩いていたらヤンキーに絡まれながら夜通し歩いて撮影に向かいました。」というエピソードを話していました。

長さがまだらな坊主のヘアスタイルに、着古したスーツ姿で出演されています。まだ、本名の北村康さんの時代の作品で、20代の頃の北村一輝さんをみることができますので、まだ見ていないファンの方にはぜひ見てもらいたい作品です!

 

1998年映画『蘇える金狼』に出演

1998年にロードショーされた映画「蘇える金狼」に、桜井由紀夫 役として北村一輝さんが出演されました。

桜井由紀夫の役柄は、舌っ足らずの甘えた喋り方が特徴で、アル中の設定に見事にマッチしていました!悪役の役でも、やはりイケメンですね!

 

1998年映画『JOKER 厄病神』の役で歯を9本も抜く

1998年にロードショーされた映画「JOKER 厄病神」に、チンピラの子分役で北村一輝さんは出演されています。また、この作品で北村一輝さんは歯を9本抜いて話題になった作品としてファンには有名ですね!

北村一輝さんは、映画でチンピラ役を演じきるために、9本の歯を抜いて2本は削ったりしたそうです。20102月に放送されたTV番組「トップランナー」で、北村一輝さんは映画「JOKER 厄病神」で歯を抜いて削ったりした事を告白していました。

「あの~チンピラ役ということで、ダメなことをしていた昔を想像できるために、溶けたような歯を作ろうと思って削って、抜けるとこは抜いて、根っこから抜けるとこと、先だけ抜けるとこと削るとことかを全部で歯をイジったのは11本くらいで、抜いたのは9本かな?」

と、話していました。映画1本で、自身の歯を抜いて役柄により近づくために9本抜くとは凄すぎます!北村一輝さんの俳優魂が凄かったかので、演技も強烈に覚えている方は多いと思います。

普段は、力強い演技や癖のある役が多いのですが、本作の役柄はどうしようもないバカでダメダメな子分役を演じています。北村一輝さんの、ダメダメな役柄も見事に演じきり、歯も抜くほどの俳優魂を感じさせてくれる作品となっていますので、まだ見ていない方はチェックしてみて下さい!

 

1998年ドラマ『奇跡の人』で山崎まさよしと共演

1998年年に放送されていたTVドラマ「奇跡の人」に、大崎 役で北村一輝さんが出演されています。主演には、相馬克己 役で山崎まさよしさんと初共演もされていました!物語は、交通事故に遭いしてしまい、脳死状態から、相馬克巳は奇跡的に回復していき記憶を取り戻すストーリーとなっています。

また、19ザテレビジョンドラマアカデミー賞には、「新人俳優賞」を山崎まさよしさんが受賞された作品として有名ですね!

 

1999年映画『完全なる飼育』

1999年にロードショーされた映画「完全なる飼育」に、津田乙彦 役として北村一輝さんが出演されています。「完全なる飼育」は、全作品ともR-15指定されている映画なのですが、北村一輝さんも体をはって演技をされていました!

また、ヘアスタイルも坊主に近いヘアスタイルで、現在の北村一輝さんのイメージにはないので、坊主姿も新鮮となっていますね!また、第5作目の「完全なる飼育 女理髪師の恋」で、ケンジ 役でも出演されていましたね!

 

1999年映画『共犯者』

1999年にロードショーされた映画「共犯者」に、西川泰春 役として北村一輝さんが出演されています。出番は少ないのですが、パンチパーマのヘアスタイルと大きなメガネは、とっても印象的で、体も今よりは細かったですね!

また、北村一輝さんはチンピラやヤンキー役が多いことから、しっくり役とマッチしていますね!

 

2001年大河ドラマ『北条時宗』に出演

 2001年に放送されていた大河ドラマ「北条時宗」に八郎平頼綱 役として北村一輝さんが出演されています。

北村一輝さんは、大河ドラマで和服を着ておりますが、ハーフの顔立ちをされていてもしっくりと和服とマッチしており似合っていますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました